10月 第3回ワークショップ

2018年09月26日

今回は「ひきこもり~心理学が伝える『親が取り組む』一番確実な回復法~」

というテーマで、ひきこもりに特別な思いの深い臨床心理士の

桝田智彦氏が、分かりやすく説明頂けることと思います。

 

「ひきこもり~心理学から伝える

『親が取り組む』一番確実な回復法~」

日 時:平成30年10月21日(日) 13:30~16:30

場 所:としま産業振興プラザ(IKE・Biz)  6F第3会議室

参加費:1000円

講師:桝田智彦氏(一社)SCSカウンセリング研究所 副代表)

臨床心理士、東京都スクールカウンセラー

 

“親だけ”が 我が子を本物のひきこもり回復 へ導けます。

ひきこもり回復に、何よりも大切なのは

“自分が自分でいい”そして“他者からもそう思われている”という感覚。

これを心理学ではアイデンティティーといいます。

アイデンティティーの基礎は、親だけが子に与えられる大切なものです。

SCSは、ひきこもり回復20年の実績。

アイデンティティーの(再)獲得を果たす〝親育ち・親子本能療法″を

心理学的に分かりやすく伝えさせて頂きます。

 

詳細はチラシで。